三木谷会長、ウクライナ大統領との写真を公開 「本当に心が痛む」と訴え

楽天の三木谷浩史会長が、ウクライナへの軍事侵攻に悲痛な思いを吐露。日本政府に「毅然とした態度を」と訴える。

2022/02/25 19:00

三木谷浩史

楽天グループの三木谷浩史会長が25日、自身のツイッターを更新。ロシアによるウクライナへの侵攻を受け、悲痛な思いをつづった。

【画像】大統領との写真を公開して訴え



 

■大統領は首都に留まる意向

ロシア軍は24日、ウクライナへの軍事侵攻を開始。首都・キエフなど各地の軍事施設を空爆したほか、地上部隊も侵入し、民間人も含め130人以上が死亡したと報じられた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、25日に公開したビデオメッセージで「敵は私を第一の標的に定めた。私の家族は第二の標的だ」と述べ、ロシア軍がキエフに向けて進軍する中で、「私は首都に留まる。家族もウクライナにいる」と話している。


関連記事:前澤友作氏、反戦呼びかける「NOWAR」画像を投稿 国内外から共感続出

 

■日本政府に「毅然とした態度を」

三木谷氏は、笑顔を浮かべるゼレンスキー大統領と並んで写っている写真を公開し、「キエフにて撮った写真です。美しく平和で民主的な国が、このようなことになるとは、本当に心が痛む」とツイート。

岸田文雄首相はこの日の朝の会見で、ロシアへの追加の経済制裁として、資産凍結やビザ発給の停止、半導体の禁輸などを打ち出しており、三木谷氏は「日本政府も毅然とした態度を取ってもらいたい」と訴えた。

また、インスタグラムにも同じ写真を投稿し、英文で「この状況が起こるとは想像もしていませんでした」とつづっている。

次ページ
■ユーザーからも心配や祈りの声

アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル 2L×9本【Amazon】

ツイッターロシア三木谷浩史ウクライナ岸田文雄キエフ軍事侵攻ウォロディミル・ゼレンスキー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング