2022年2月22日午前2時22分に分娩室2番で誕生した女児 「ミラクルベビー」と話題

ゾロ目尽くしのなかで誕生した赤ちゃん。これは幸運の前兆だと言われている。

2022/02/26 06:30

赤ちゃん・新生児

「親やきょうだいと誕生日が同じ」「祖父母の命日と子供の誕生日が一緒」など、誕生日についてはさまざまな偶然が起きる。このたびアメリカで、ずらりとゾロ目がそろった日に赤ちゃんが誕生した。『FOX NEWS』や『People』が報じている。



 

■明るいニュースに大賑わい

アメリカ・ノースカロライナ州バーリントンにあるアラマンス地域医療センターで、このたび元気な女の赤ちゃんが誕生した。

なんと22年2月22日の午前2時22分に、分娩室2番で産声をあげたといい、この明るい話題は世界に向け大きく報道された。


関連記事:アメリカ初の「試験管ベビー」女性 40歳の誕生日を迎えて人生を告白

 

■癌を克服していた母親

母親のアベリ・スピアーさんは数年前、白血球の一種であるリンパ球ががん化してしこりをつくる、「ホジキンリンパ腫」という深刻な病を発症していた。

つらい化学療法や放射線療法を乗り越えてなんとか克服したものの、アベリさんは医師から「病や治療の影響で、残念ながら妊娠の可能性は低い」と告げられていた。

それでも夫のハンクさんとともに、「いつか赤ちゃんを授かれるように」と祈り続けていたという。

次ページ
■神様に感謝

エンジェル・ナンバー実践編【Amazonでチェック】

Facebook誕生日出産赤ちゃん妊娠がん放射線治療ぞろ目ミラクル化学療法翻訳記事分娩室ホジキンリンパ腫
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング