スーパー食品に血液注入した元弁護士 「人格操作デバイスが埋められた」と供述

元弁護士の被告。その不可解な主張に、法廷の誰もが首をかしげている。

2022/02/26 11:00

スーパー

イギリスで昨年の夏、当時弁護士だった男が驚くような食品テロ事件を起こし、逮捕されていた。その裁判がついに始まったことを、『Manchester Evening News』や『NEW YORK POST』など英米のメディアが伝えている。



 

■複数の店舗で食品テロ事件

ロンドン西部のフラムパレスという町で昨年8月25日、有名スーパーマーケットチェーンのTesco(テスコ)、Waitrose(ウェイトローズ)、Sainsbury’s(セインズベリー)において、商品である食品に血液を混入させる食品テロ事件が起きた。

防犯カメラの映像を確認したところ、上下黒のTシャツとハーフパンツを着た男が冷蔵コーナーの商品を次々と手に取り、何かを持っているもう片方の手に近づけては棚に戻す、という動作を繰り返していることがわかった。


関連記事:動機は元雇い主への嫌がらせ? スーパーのピザ生地にかみそり混入した男に実刑

 

■弁護士の男を逮捕

一方、店の近くでは1人の男が何やら叫び、暴れていた。現場に急行した警察官は、その外見上の特徴から食品テロ事件の犯人であることを疑い、ただちに身柄を拘束した。

男はハマースミス・アンド・フラム地区に暮らし、当時は弁護士だったレオアーイ・エルガリーブ(37)。血液が入った21本もの注射器を所持しており、それを商品に注入したとみて、業務妨害、流通食品毒物混入防止法違反などの容疑で逮捕された。

トゥルーマン・ショー (字幕版)【Amazonでチェック】

次ページ
■全商品を廃棄処分に
弁護士話題異物混入血液デバイス注射器業務妨害翻訳記事Tesco別人格トゥルーマン・ショー食品テロ流通食品毒物混入防止法違反Sainsbury'sWaitrose
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング