笠井信輔アナ、震災直後の東北で見た忘れられない光景 車に赤い字で…

東日本大震災発生直後、取材で現場入り。津波の被害を受けた街の様子を公開した。

2022/03/11 15:10

笠井信輔
フリーアナウンサーの笠井信輔が11日、自身のインスタグラムを更新。東日本大震災発生直後に被災地を訪れ、現場の悲惨な状況を目の当たりにしたことを回想した。

【画像】被災地で見た忘れられない光景



 

■取材で現場入り

東北を襲った大地震発生からきょうで11年。当時、笠井アナは取材で宮城・南三陸に向かっていたという。

「11年前のあの日南三陸の海は筆舌に尽くしがたい状況になってしまいました」と振り返り、津波の被害を受け、壊滅状態になった街の様子を画像で伝えた。


関連記事:笠井信輔アナ、結婚発表の嵐・相葉の秘話を披露 「初々しい可愛い思い出」

 

■津波で無残な姿に

海岸線から4キロ離れているのにも関わらず、東松島では津波で流された列車が街中に。原型をとどめないほど崩壊した家屋の様子も公開し「震災2日目に現地に入った私たちはぼう然と立ち尽くすしかない状況でした」と記した。

そんな中、石巻で忘れられない光景があったと明かす。

次ページ
■「いまだに忘れられません」

生きる力 引き算の縁と足し算の縁【Amazon】

Instagram東日本大震災宮城地震津波笠井信輔
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング