仮設トイレを使用していた男性作業員が圧死  ブルドーザーが誤って押しつぶし…

ブルドーザーは、排土板を地面から1メートルほど上昇させた状態で動いていた。

2022/03/12 09:30


 

■ブレードで視界が悪く

通報を受け緊急車両が現場に向かったが、ヘンダーソンさんはすでに心肺停止の状態で、搬送先の病院で同日夜に死亡が確認された。現在、遺体の司法解剖が行われている。

ポーク郡保安官事務所で事情聴取が行われ、オペレーターは「大型のブレードを地面から1メートルほど上昇させた状態で動いていた。それで視界が遮られ、正面の下方がまったく見えなかった」と話したという。


関連記事:千葉県市川市、軽油タンク火災で消防13台出動 目撃者は「黒煙がものすごい」

 

■初めての死亡事故

この産業廃棄物処理場には日々、何百台という大型トラックが大量の廃棄物を搬入し、作業現場の安全確認は徹底されていた。死亡事故が起きたのは今回が初めてだという。

加害者・犠牲者ともに労働者派遣業者との契約で派遣されていた作業員で、事故の原因について、現在それぞれの事業責任者、現場監督などからも話を聞いている。

・合わせて読みたい→トレーラーが横転しながら激突の衝撃映像 4台がからむ大事故に

(文/Sirabee 編集部・浅野 ナオミ

仮設トイレ 洋式軽水洗式フットポンプ式【Amazonでチェック】

話題派遣プレート作業員仮設トイレ翻訳記事ブルドーザー産業廃棄物処理場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング