仮設トイレを使用していた男性作業員が圧死  ブルドーザーが誤って押しつぶし…

ブルドーザーは、排土板を地面から1メートルほど上昇させた状態で動いていた。

2022/03/12 09:30

仮設トイレ

アメリカ・フロリダ州の産業廃棄物処理場で、作業員が使用していた仮設トイレがブルドーザーに押しつぶされるというアクシデントが発生した。地元メディアの『Tampa Bay10/WTSP』『News Channel8/WFLA』などが報じている。



 

■1日の作業を終え…

事故は4日午後5時すぎ、フロリダ州ポーク郡のウィンター・ヘイヴンにある公営の産業廃棄物処理場「Polk County Landfill Solid Waste」で起きた。

現場で作業していたブルドーザーが、誤って仮設トイレを押しつぶし、中には男性作業員のアーロン・ヘンダーソンさん(43)が入っていた。ヘンダーソンさんは、現場に出入りするダンプなど車両の交通整理を担当。1日の作業を終え、トイレを利用していた。


関連記事:3歳の息子がトイレに入ると… 便座の上で待ち構えていた猫とのバトルが勃発

 

■異音と衝撃に気づく

ブルドーザーは堤防状になった盛り土の上にいて動き出し、正面下方に設置されていた仮設トイレをブレード(排土板)がなぎ倒し、押しつぶした。

オペレーターは異常な衝撃と音に気づき、ブルドーザーから降りて確認。仮設トイレ内部では、ヘンダーソンさんが意識のない状態で倒れていたという。

仮設トイレ 洋式軽水洗式フットポンプ式【Amazonでチェック】

次ページ
■ブレードで視界が悪く
話題派遣プレート作業員仮設トイレ翻訳記事ブルドーザー産業廃棄物処理場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング