ガチでスゴすぎィィ! 「国際ロボット展」で発見した想像上回る“ハイテク機体”

完全文系でメカ音痴の記者が、今日まで開催されている国際ロボット展に潜入。その楽しさに度肝を抜かれた。

国際ロボット博2022

12日までの4日間、東京・有明「東京ビッグサイト」で開催されている世界最大級のロボット展示会「2022国際ロボット展」。会場には最新のテクノロジーが結集していた。


画像をもっと見る

 

■今回で24回目

国際ロボット博2022

2019年に開催された前回イベントは637もの企業・団体が出展し、過去最大規模を記録していたロボット展。

24回目を迎える今回は新型コロナウイルスの影響もあり615社・団体での開催となったが、連日多くのビジネスマン、一般客が会場を訪れている。

ホール内には最新システムが導入された産業用ロボットや関連機器がところどころに展示され、完全文系で「これ何に使うんだ…」レベルの知力しかない記者も、思わず「なんだか知らないけどめちゃくちゃ速い、強そう、かっこいい」と思わずハイテンションになった。

その一部をこの記事でご紹介しよう。


関連記事:孤独だった中年男性が美女ロボットに恋 「妻にしたい」と結婚願望を激白

 

■これがロボットの盛り付けだと…!

国際ロボット博2022

AIの力をフルに活かしてロボットに知能を与えている「エクサウィザーズ」ブースでは、複数のロボットアームを駆使し、ミシュランシェフ・厚東創氏が手がけるパンケーキ料理の“盛り付け”を完全再現。

国際ロボット博2022

キッチン天井部に設置しているカメラでパンケーキの形状や距離を認識し、ロボットアームがパンケーキを皿に乗せると、次のロボットアームが粉砂糖を容器から振りかける。さらに別のロボットがグラノーラをキレイに乗せ、最後にトロトロのチョコソースを。手付きもソースもなめらか。

国際ロボット博2022

かける分量や、持ったスプーンの“空振り”がないかなど全て学習させているというからスゴイ。「今後このマシンが広がれば、人力に頼らなくても24時間フル稼働でキレイな盛り付けの料理が量産できます」と同社担当者。

国際ロボット博2022

食品工場やレストランでの実用化を目指している。はい、美味しそう!

スマートロボットカー【amazon】

次ページ
■迫力がスゴイ高所重作業用ロボ
イベント最新技術テクノロジーロボット東京ビッグサイト国際ロボット展
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング