喧嘩を止めに入った女性教師 5歳児に殴る蹴るの暴行を受け意識不明の重体に

5歳児と言えども、本気で怒ると恐ろしいほどの力を持っているのだろう。

2022/03/13 08:30

小学校・教師・教室・生徒

このたびアメリカの小学校で、女性教師が児童から暴行を受け、意識不明の重体となった。その児童が5歳だったことに世間は強い衝撃を受けている。『TMZ』や『NBC』など多くのメディアが報じている。



 

■児童のけんかがヒートアップ

事件が起こったのは、アメリカ・フロリダ州南部のブロワード郡にあるパインズ・レイク・エレメンタリー・スクール。5~11歳までの子供たちが通っており、日本でいう小学校にあたる。

2日、その学校の特別支援学級に通う4歳と5歳児の2人の生徒の間でけんかが勃発。机をひっくり返したり、周囲の人に向け椅子を投げつけたりするなど、かなりヒートアップしてしまった。


関連記事:女教師が15歳男子生徒の子を妊娠か 自らわいせつ画像流出で投獄の可能性も

 

■頭を殴られ脳震盪に

複数の教師がふたりを引き離し、女性教師は5歳児のほうを「クールダウン・ルーム」と呼ばれる部屋に連れて行った。

だが、児童はまだ怒りが収まっておらず、頭を殴られた女性教師が転倒して脳震盪を起こしたところに、蹴る、飛び乗る、噛むといった激しい暴行を加えたという。しばらくして他の教師が、壁に寄り掛かるように倒れている女性教師を発見。すぐに救急車を要請したという。

次ページ
■意識不明の重体に

学校の大問題 これからの「教育リスク」を考える (SB新書)【Amazonでチェック】

小学校教師ケンカ話題意識不明暴行児童保護者脳震盪翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング