上原浩治氏、投手のロージン使用量問題に持論 「ピッチャーが不利に…」

DeNAの大貫投手がロージンをつけたことにより投球時に白煙が上がり審判に注意された様子を見た上原氏が、投手目線で持論を展開した。

2022/03/13 10:30

上原浩治

13日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、上原浩治氏が投手のロージンバッグ使用について持論を展開した。



 

■ロージンの使用量を巡り審判が注意

12日に行われたプロ野球オープン戦・東北楽天ゴールデンイーグルス対横浜DeNAベイスターズ戦を取り上げた『サンデーモーニング』。ベイスターズの大貫晋一投手が相手打者にボールを投げ込むと、主審がタイムを取ったうえでマウンドに駆け寄り、注意を与える様子が紹介される。

番組によると楽天から投手が滑り止めとして使用する粉「ロージン」をつけすぎたため、「リリースの際に白煙が上がって見づらい」と指摘があったそうで、主審が注意を与えたとのこと。

同投手は注意を受けたあと動揺したのか、次の投球でホームランを打たれてしまった。


関連記事:上原浩治氏、投球テンポアップ方法を新庄剛志監督に助言 「3球勝負でいい」

 

■上原氏が持論

VTRを見た上原氏は「打者を幻惑するようなことが、ダメだということで、たぶん注意されていますね」と解説。ホームランを打たれたことには「精神的なものも、もちろんある」と分析する。

続けて「滑り止めなので、使わないと滑ってバッターの頭とかに行ってしまう可能性もあるので、難しい問題ですよね」と指摘。MCの関口宏は「どの程度使ったらいいのかって。1回だけ使えるロージンにするとか」と話した。

次ページ
■「ピッチャーが不利になる」

上原浩治『OVER - 結果と向き合う勇気 -』【Amazonでチェック】

野球TBS上原浩治横浜DeNAベイスターズ関口宏サンデーモーニング東北楽天ゴールデンイーグルス斎藤雅樹
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング