いきなりステーキ「新ランチ」は起死回生になるか? 記者が覚えた違和感

いきなりステーキでテスト版ランチメニューが登場。食べた記者が覚えた「疑問」とは。

いきなりステーキが14日より、全国30店舗限定でランチメニューのテスト販売(以下、テストランチ)をスタート。ネットでは「行ってみたい!」「最寄りの店舗ではやってなかった…」との声が上がっているが、はたして満足度はどうなのか、いきステ初心者を引き連れ開始日に食べてきた。


画像をもっと見る

 

■踊る「990円から!」の文字

「990円から!」と大きくキャッチフレーズを載せ颯爽と登場したテストランチは、合計5種。

「ワイルドステーキ」(150グラム、1,190円)、「ワイルドハンバーグ」(150グラム、990円)、「ヤングカットステーキ」(150グラム、1,090円)、「グリルチキンステーキ」(220グラム、990円)、そしてワイルドステーキとワイルドハンバーグが一緒になった「ワイルドコンボ」(ステーキ80グラム+ハンバーグ100グラム、1,190円)という構成だ。

それぞれスープ、サラダ、ライスが付き、肉はサイズ増量も可能(有料)。対象時間は平日の開店から15時までとなっており、土日祝は非対応となっている。人気メニューを1,000円前後で揃えてきた。


関連記事:人気食べ放題レストランで大げんか勃発 ステーキめぐり見苦しい争いに

 

■醤油&わさびソースで食らう

年間50回くらい行っている“いきステヘビーユーザー”の記者は5種の中でもコスパに優れるグリルチキンステーキをチョイス。いきステ初心者の友人には記者が推奨した「ワイルドコンボ」を注文してもらった。

チキンステーキは、肉汁あふれるジューシーで肉厚な鶏もも肉とパリッとした皮が魅力の人気メニューだ。ワイルドハンバーグに並ぶ最安値グランドメニューで、量が多いので嬉しい。

味付けはあっさり塩味になっているので、卓上のわさび、そして店員にお願いすると提供してもらえる醤油でシンプルに味付けするのがモアベター。肉上に乗ったバターソースと絡み合い、鉄板でかる~く調味料が焦がすと香りも最高で、めちゃくちゃライスにマッチする味になる。

ここにライス(大盛り、お替り可能)、特製スープ、ミニサラダが付いて990円。…あれなんか違和感が。

肉にも合うバターソース【amazon】

次ページ
■味に満足も「量が少ない」
ランチ外食ステーキいきなりステーキ新メニュー肉料理外食チェーン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング