ウクライナ兵カップルが戦闘前に挙式 「お互いに無事で戻ってこよう」と誓い合い

「どうか無事に帰って、幸せな家庭を築いて…」と願う声が世界中から送られている。

2022/03/16 16:00

結婚式

ロシア軍との戦いからウクライナと国民を守るため、戦闘の最前線で戦っている兵士たち。そこでカップルが誕生し、このたび軍服姿で結婚式を挙げた。世界中から祝福の声が届いていることを、イギリスの『Daily Mail』などが報じている。



 

■出会いは7 年前

このたび、国境に近い最前線でロシアと戦うウクライナ軍において、1組の夫婦が誕生した。ふたりは7年前の2015年、ロシア・ウクライナ間で勃発した武力衝突「ドンバス戦争」で知り合った。

当時ふたりの関係は戦友に過ぎなかったが、今年に入りロシア軍がウクライナを侵攻してきた際、再び合流したという。


関連記事:本田圭佑、ウクライナ侵攻への各国政府の対応に苦言 「まともな議論が…」

 

■「今、結婚しよう」

首都キエフの死守を目標に、戦闘の最前線で恋に落ちたふたりは先日、「私たちは現在、とても困難な状況に直面している。これをともに乗り越えるべく、今、どうしても…」と結婚の意志を固めた。

そしてキエフ郊外のブロバルイにある病院で、従軍聖職者の導きを受けながら、「お互いに無事な体でここに戻ってこよう」と誓い合い、軍服姿のまま簡素な式を挙げた。

次ページ
■今月初めにも結婚式

ウクライナとロシアの歴史: ロシアはなぜウクライナに侵攻し、プーチンは何を望んでいるのか?【Amazonでチェック】

結婚式夫婦シャンパン話題戦争ロシア兵士軍服ウクライナ翻訳記事ドンバス戦争従軍聖職者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング