UFC格闘家がレストランでお手柄 拳銃発砲の男を取り押さえ警察に突き出す

「暴漢を倒すための瞬発力とタイミングを見ての攻撃は、何年もかけて身に付けるもの」と、メディアの取材に答えている。

2022/03/20 05:30

格闘家

客たちがリラックスしながら美味しい寿司を頬張っていた、アメリカ・テキサス州のあるレストラン。そこに突然、拳銃を手にした男が乱入し、人々を威嚇した。

だが店内には驚くような強者が…。なんとも快挙な話題を同州のメディア『Fox26 Houston』『WFAA-TV』などが報じている。



 

■友人の誕生日を祝おうと

話題を提供したのは、カリフォルニア州出身の総合格闘家であるケヴィン・ホランド選手(29)。現在はテキサス州フォートワースを拠点に、UFC(Ultimate Fighting Championship)のウェルター級で活躍している。

14日、ホランド選手はジムのトレーニングパートナーとともに、友人の誕生日会が開かれた寿司レストランに出かけた。すると午後11時過ぎ、銃を手にした1人の男(24)が店に乱入。近くのテーブルにいた人たちを威嚇し始めた。


関連記事:清水あいり、電車での恐怖体験に「助けてあげて」と訴え 勇敢な男性の助けで…

 

■ 警察の到着まで羽交い締めで

店内には当時40~50人ほどの客がおり、レストランのテーブルの下に隠れるなどすると、男は身を低くして彼らの方に銃口を向けた。

危険を察知したホランド選手は、テーブルの下から飛び出して男に飛び掛かり、トレーニングパートナーも加わって見事に制圧。羽交い締めの状態を維持しながら、警察の到着を待った。ホランド選手は、男を逮捕した警察からたいそう感謝されたという。

格闘技式カラダ作り【Amazonでチェック】

次ページ
■手柄は昨年秋にも
話題総合格闘家羽交い締め翻訳記事UFCテキサス州ウェルター級ケヴィン・ホランド寿司レストラントレーニングパートナー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング