現代の「忠犬ハチ公」か 帰らぬ主人をビーチで毎日待つ犬の姿に感動拡がる

海を見つめ、飼い主の帰りを待つ犬に多くの人々が感動。犬の愛情深さや賢さには驚かされることは多い。

2022/03/20 19:30

犬・海・夕日・ビーチ

飼い主に、あふれんばかりの愛情を見せる犬たち。このたびペルーから、「忠犬ハチ公」のような健気な行動を見せる犬の話題が広がり、世界中を感動に包んでいる。『Oddity Central』や『Canarian Weekly』が報じた。



 

■海を見つめる犬に遭遇

南米ペルーの中央部に位置する、リマ郡のプンタ・ネグラ。そこで暮らすジョリー・メヒアさんという女性がある日、ビーチを散歩していたところ、じっと海を見つめる1匹の犬に出会った。

犬は身ぎれいで体格も良く、ジョリーさんは「よく世話をしてもらっているに違いない。きっとそのうち飼い主が迎えに来る」と思いながらも、少しだけその犬と遊んだという。


関連記事:警察犬になれず一般家庭に引き取られた犬 飼い主らに愛され”130歳”で天国へ

 

■毎日ビーチへ来る犬

ところが、飼い主らしき人物が来る気配はなく、ジョリーさんが不思議に感じ始めていると、通りすがりの男性が「その犬は毎日ここへやって来るんだ」と話しかけてきた。

犬の名前はヴァギートといい、この地域では有名な犬だった。現在はビーチの近くに住む女性に飼われているが、数年前まではある漁師の男性に飼われていたといい、ヴァギートの悲しい経験について教えられたという。

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

次ページ
■愛する主人をひたすら待つ
Facebookビーチペルー話題漁師飼い主ハチ公翻訳記事忠犬
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング