DV常習の父親が言いつけを守らない5歳息子に激高 暴行の末に死亡させた容疑で逮捕

家族はなぜこんな男を子供と2人きりにしたのか…。

2022/03/23 10:30


 

■息子の死

男は母親たちにメッセージを送信し、女きょうだいには「息子を強く叩き過ぎた」と告白。その後にマリファナを一服し通報したが、「蘇生を試みて」と電話でアドバイスされても「もう死んでいる」という理由で従おうともしなかった。

なお通報したタイミングは、息子の呼吸停止から13分後。逮捕後に遅れた理由を警察に聞かれた男は、「親権を失うのが怖かったから」などと説明した。


関連記事:4歳男児が20代実父の虐待で餓死 空腹の訴えに消毒用アルコールを飲ませる

 

■約7割の人が「虐待はありえない」

Sirabee編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査を実施したところ、全体の68.8%が「虐待をする人はありえないと思う」と回答した。その一方で、3割以上の人が虐待に走る気持ちを理解しているとも解釈できる。

虐待をする人はありえないと思う人の割合

なおこの男は警察に事情を聞かれ、「過去にも息子に手をあげた」「口答えしたからだ」などと話しているという。

DV歴もあることを知りながら、家族はなぜ男に息子の世話を任せたのか。周囲の大人に頼るしかなかった幼い息子は、あまりにも悲惨な亡くなり方をしてしまった。

・合わせて読みたい→親バカ女が女性刑事に激しい暴行 「息子を捜査するのは許さない」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

ルポ教育虐待 毒親と追いつめられる子どもたち【Amazonでチェック】

DV話題虐待マリファナ通報親権翻訳記事致命傷電気コード
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング