営業中の「車突入事故」から半年 新宿の人気ラーメン店がいまだ休業中の謎

新宿の人気ラーメン店が半年近くお店を閉めている。営業再開できないのには、「ウクライナの影響」という声も…。

2022/03/23 09:15

新宿ラーメン「竹虎」

2021年冬、新宿歌舞伎町にある人気ラーメン店「麺匠 竹虎本店」の店舗に車が追突するという衝撃的な事故があった。お店は修繕工事のため、休業に追い込まれた。

事故から半年近く経ったいま、お店に足を運ぶと、大規模な工事が行われていた。実は、同店が営業できないのには、「ある理由」が…。



 

■「ラーメン居酒屋」として人気

「竹虎」はラーメンはもちろんだが、お酒やおつまみも提供している「ラーメン居酒屋」として人気を博していた。コロナ前は午前11時から朝9時まで営業し、深夜でも満席になることが少なくなかった。

新宿竹虎「つけ麺」

醤油に焼きあご出汁を使ったあっさりした「あご出汁醤油ラーメン」や濃厚な豚骨スープに背脂が入ったコッテリ系の「裏竹虎ラーメン」など、あっさり派もコッテリ派も満足できることからファンも多い。

記者も2軒目、3軒目と飲み歩いた末に「竹虎」に行きつき、ビールを飲みながらたこわさをつまみ、魚介豚骨つけ麺をすすって締めるのが定番だった。ここには個室、ソファ席が用意されており、通常の“カウンター席のみ”の店に比べ、ゆったりラーメンと酒が楽しめるのだ。


関連記事:「ラーメン二郎」小麦高騰で一部店舗値上げも、記者が気づいた“企業努力”

 

■営業中に車が突入

そんな人気店が休業したのは、2021年11月のこと。80代の男性が運転していたワンボックスカーが営業中の店舗に突入したのだ。運転手や店内にいた客6人がけがをし、5人が病院に搬送される大事故に。

お店の入り口や店内が損傷し、改修工事のため、休業に追い込まれた。なお、同店から徒歩数分のところにある系列店の『麺匠 竹虎新宿店』は現在も営業を続けている。

次ページ
■「機材の配送が遅れている」

ナガオ 燕三条 割れない ラーメンどんぶり【Amazonでチェック】

ラーメン新宿歌舞伎町事故つけ麺休業ウクライナコロナ竹虎竹虎本店
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング