溺れる男を救出した高齢男性が反撃される 正当防衛が死亡事故へ発展

助けようとしたのに、意外すぎる結果に。謎ばかりの出来事に驚きの声があがっている。

2022/03/24 10:30

溺れる

親切心から人命救助を試みた男性が、結局は銃口を向け発砲。20代の男性を死なせるというショッキングな出来事について、『CBS News』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■溺れた20代男性

アメリカ・サウスカロライナ州で暮らす男性(74)が妻と湖に出かけ、ボートに乗りくつろいでいた。

しかしたまたま近くでジェットスキーを楽しんでいたネイサン・ドリュー・モーガンさん(29)という男性が、連れの女性と共に湖に転落。救命胴衣も身に着けていない2人が溺れかけたため、男性はすぐに救いの手を差し伸べた。


関連記事:夜勤明けで雪かきに励む妻の姿を撮影 SNS公開した夫に「最低」と批判相次ぐ

 

■いきなり暴れはじめ…

男性は2人を見事に救ったが、どういうわけかネイサンさんが激高。いきなりボートで暴れ、救ってくれた男性たちに襲いかかった。

ネイサンさんが理性を失った理由については、いくつかの説がある。ジェットスキーに戻りたがっていた、連れの女性と口論していた、または酔っていた可能性もあるというが、詳しくは分かっていない。

刑法まとめノート―故意,因果関係,正当防衛,共犯,実行行為―未遂犯関連・不作為犯【Amazonでチェック】

次ページ
■やむを得ず発砲した男性
話題人命救助発砲起訴正当防衛ジェットスキー翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング