「ラジオ、懐中電灯が売り切れ」 家電量販店の”あるコーナー”に異変が…

16日の地震以降、大手家電量販店では懐中電灯や電池が品切れになるところも…。

2022/03/26 05:45


 

■「前日比300%になった日も」

地震以降、防災グッズの売れ行きは伸びているのだろうか。ヨドバシカメラに問い合わせると、「17日は、ラジオや懐中電灯、電池、そのほか防災用品の売れ行きが前日対比で約300%になりました。一時的に東北店舗(仙台、郡山)でラジオ、転倒防止棒、耐震マット等が在庫切れを起こしましたが、現在品切れはほぼ解消しております。お客様の防災意識が高まっているため、高額なポータブル電源(蓄電池)の売れ行きがよくなっています」(ヨドバシカメラ広報)という回答が。

ビックカメラも、防災関連商品の売り上げが好調だと話す。「懐中電灯、ランタン、ポータブル電源、ソーラーパネル、保存食や保存用飲料、非常用トイレ、防災バッグ(細々とした防災グッズがリュックに入ったセットです)など、さまざまな商品が売り上げを伸ばしています」(ビックカメラ広報・IR室)。

地域によって多少の差はあるかもしれないが、防災グッズに対する関心が高まっていることがうかがえた。


関連記事:Amazonタイムセール 防災・備蓄関連の食品や飲料がお買い得に

 

■行動を起こす人の声も

ネット上でも、「この週末で防災グッズ見直そう」「家に懐中電灯もラジオもないからリスト化してそろえる」「地域のハザードマップとか、防災グッズ、非常食や水の備蓄、備えに早いも遅いもないから動かないと」「前に買った防災グッズ整理したら、使用期限とか賞味期限あって買い直さないと…」など、有事に備える人々の声が多数あがっている。

迷ったら家電量販店に立ち寄って、手に取りながら選んでみるのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→マツコ、誰もが必ず持つべき「0円の最強防災グッズ」に納得 専門家が熱弁

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

地震対策30点避難セットplus 防災セット【Amazonでチェック】

ラジオ災害地震防災グッズヨドバシカメラ非常食懐中電灯ビックカメラ電池電力需給ひっ迫警報
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング