1株から1269個ものミニトマトを収穫 ギネス世界記録を次々と狙う男性

男性は現在、世界で最も重いジャガイモ、最も重いナスの完成を目指している。

2022/03/27 04:15

ミニトマト

サラダに、お弁当に、そしてお皿のちょっとした彩りに、重宝されるミニトマト。今日から育ててみたいと思わせる話題が、海外から飛び込んできた。

1つの株から驚きの収穫量をあげた男性がギネス世界記録に認定され、農家や家庭菜園ファンの関心を集めている。

【画像】驚きの収穫量でギネス世界記録に認定されたミニトマト



 

■栽培者が多いミニトマト

ミニトマトは本格的な農家はもちろん、家庭菜園する人も多く育てている一種だろう。1株あたり平均150粒ほどの実がなり、失敗がほとんどないことも人気のポイントだ。

そんな中、かねてから野菜作りに情熱を注いできたイギリス・ハートフォードシャー在住のダグラス・スミスさんという男性が、ミニトマトの1株から1,269個という驚きの収穫量をあげて『ギネス世界記録』に認定された。


関連記事:スーパーで見かける色ムラトマトに注意 トマト日本一農家は「味が良くない」

 

■先の世界記録も本人が

スミスさんは2021年9月、あるミニトマトの株が大変な収穫量になっていることに気づき、さっそくギネス世界記録に計量と認定を依頼した。

なんと、先の記録保持者もスミスさんだった。そのわずか数週間前、ある茎から839個の実がなって世界一と認められていたといい、1.5倍もの収穫量で新記録が生まれたことから、ツイッタには祝福と驚きの声が寄せられている。

豊橋産 高糖度フルーツミニトマト あまえぎみクレア(赤)1kg【Amazonでチェック】

次ページ
■細やかな手入れの賜物
ツイッター土壌家庭菜園ギネス世界記録翻訳記事ミニトマトトマト栽培裏庭実験室ダグラス・スミス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング