23階から飛び降りた男が娘の目前で死亡 「俺はスリルを求める」と豪語

世界一危険なスポーツと呼ばれ、場所によっては軽犯罪に問われるベースジャンプ。失敗は死に直結する。

2022/03/28 11:00

ベースジャンプ・ベースジャンパー

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで、男性がベースジャンプに失敗して死亡した。家族の目の前で悲劇が起きていたことを、『San Diego Union Tribune』『LA TIMES』などが報じている。



 

■死亡したのは48歳の男性

事件は22日午後10時30分頃、サンディエゴ市ユニバーシティ・シティにある高層マンション「パリセイド・アット・ウェストフィールドUTC(Palisade at Westfield UTC)」で起きた。

死亡したのは48歳の男性で、サンディエゴ警察は遺族のプライバシーに配慮し、名前などは明らかにしていない。


関連記事:高層マンション17階の窓から3歳男児が転落死 「網戸の開け閉めに興味があった」

 

■パラシュートには高度不足か

ベースジャンプに挑んだ男性はヘルメットをかぶっていたものの、84メートル下の地面に全身を強く打ち付けた。現場に到着した救急隊員が心肺蘇生などを行ったが反応はなく、その場で死亡が確認されたという。

通報者はマンションの住人で、「ものすごい衝撃音でベランダに出てみたら男性が血を流して倒れていた」と話しているため、高さが足りず、パラシュートが完全に開かなかった可能性が高いと見られている。

X-ミッション(字幕版)【Amazonでチェック】

次ページ
■16歳の娘の目の前で…
マンション話題軽犯罪スリル高層ビルサンディエゴパラシュート翻訳記事ベースジャンプ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング