16歳少年がアル中の父親を鉄棒で殴殺 長年続いた暴力から母を救おうと…

アル中で暴力的な父親に「母を守るにはこれしかない」と次男が犯行に及んでしまった。

2022/03/31 06:00

アルコール中毒・男性

アルコール依存症で家庭内暴力をやめない父親が、実の息子に殺害されるという事件がインドで起きた。「家族を救いたくてやった」と話している息子。しかし、誰1人幸せにはなっていないという悲しい現実を、『Times of India』『Times Now News』が報じている。



 

■16歳次男が父親を殺す

事件はインド・マハラシュトラ州のムンバイ北部にある、カンディバリという町で23日午後8時30分ごろに起きた。

16歳の次男が46歳の父親を鉄の棒で殴って殺害したもので、被告人が未成年であるため、この殺人事件の犠牲者、加害者の名前はいずれも明らかにされていない。


関連記事:母親が生後2ヶ月のわが子を電子レンジで殺害 残忍な虐待行為は日常化か

 

■酒に酔うと拷問のような暴力

事件の後、次男は家族に付き添われて警察へ向かい自首。取り調べに対し、「拷問のような暴力で、頭を強く打って倒れた母を見て、我慢の限界を超えた。父を殺すしか母を救う方法はないと思った」などと話した。

父親は長年にわたり大量飲酒の問題を抱え、会社員として一家の暮らしを支えている妻に難癖をつけ、度々暴力を振るっていたという。

失踪日記 (全2巻)【Amazonでチェック】

次ページ
■「子供は渡さない」と夫
インド兄弟話題アルコール依存症家庭内暴力アル中自首翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング