80代夫が浮気した18歳年下の妻を殺害 「せん妄」の主張認められ無罪に

せん妄は、高齢者に起きることがある意識精神障害の1つだという。

2022/03/31 07:00

高齢者

イタリアで2年前、高齢の夫が年の離れた妻を自宅のベッドで殺害する事件が起きた。「せん妄」という症状に注目が集まったその裁判が、このほどついに結審したことを、『Mail Online』『Opera News』など英米のメディアが伝えている。



 

■高齢の夫と高収入の妻

イタリア・ロンバルディア州のブレシアで2019年10月、高齢の夫が18歳年下の妻の浮気を知って激怒して、睡眠中を狙って刃物で刺し、棒で殴るなどして殺す事件が起きた。

死亡した妻のクリスティーナ・マイオリさんは63歳で、文学を教える現役の大学教授であり収入も高かったという。夫のアントニオ・ゴッツィーニ被告(81)はすでに年金生活者だった。


関連記事:浮気した17歳の妻を夫が斬首 「浮気者の殺害は無罪」と名誉殺人を主張

 

■弁護人は「せん妄」を主張

アントニオは犯行後に友人に電話してすべてを告白し、通報により逮捕され、殺人罪で起訴された。

検察側は最低でも懲役21年を求刑。一方で弁護人は、犯行当時の被告の精神状態について一貫して「高齢者に起きがちな『せん妄』に支配され、興奮の抑えがきかなくなり、判断能力が著しく低下していた」と、無罪を主張してきた。

次ページ
■控訴審も無罪に

イラストでわかるせん妄・認知症ケア【Amazonでチェック】

浮気イタリア高齢者話題興奮認知症幻覚大学教授翻訳記事年金生活者せん妄意識精神障害錯乱判断能力
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング