インディアンス・田渕、錦鯉・長谷川の『M−1』舞台裏を暴露 「ずっと一人で…」

インディアンス・田渕章裕が『M−1グランプリ』の舞台裏を回顧。そのとき、優勝した錦鯉・長谷川雅紀は…。

錦鯉・長谷川雅紀・インディアンス・田渕章裕

31日、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』で、納言・薄幸がゲストとほろ酔いでトークを展開するバラエティ番組『納言幸のやさぐれ酒場』を配信。

人気お笑い芸人・インディアンスの田渕章裕が漫才の祭典『M−1グランプリ』最終決戦の舞台裏を告白。優勝した錦鯉・長谷川雅紀の行動を暴露した。

【動画】田渕章裕が振り返る『M−1』



 

■3年連続ファイナリスト

多くの芸人が憧れ、目標とする『M−1』の3年連続ファイナリストとなったインディアンス。

19年に決勝進出するも「ネタを飛ばしたりガチガチだった」ため9位、20年は敗者復活戦で勝ち抜き「開き直って楽にできた」が7位、21年には「よりくだけて、ホンマ普段どおりやろうなって」とリラックスして挑戦し、見事3位に輝いた。


関連記事:『M−1』王者の錦鯉・長谷川、50歳の男泣きに審査員&視聴者もらい泣き

 

■錦鯉の優勝を確信

21年の最終決戦を振り返り、田渕は「錦鯉さんは3組終わったときに、『あ、錦鯉さんや』って思ったもん」と最終決戦を終えた瞬間に、最年長王者・錦鯉の優勝を確信したと吐露。

「50歳のおじさん(長谷川)がネタの最後に死なれたら、そらオモロイもん。ホンマに死んだと思ったんやから」と決勝のネタの最後に、長谷川がゆっくりと舞台に横になるシーンを思い出して笑った。

次ページ
■長谷川は舞台裏で…

M-1グランプリ2021【Amazonでチェック】

You tube錦鯉納言薄幸インディアンズ長谷川雅紀納言幸のやさぐれ酒場田渕章裕動画、始めてみました
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング