火災から命がけで妻を守った男性 全身に大やけど負い死亡

愛する妻を死なせたくない。その一心で、夫は激痛に耐えた。

2022/04/02 13:30

火事・火災

夫に守られた妻は、レスキュー隊に「夫を助けてください」と懇願。しかし手遅れになり夫が死亡したこと、妻も大やけどを負ったことなどを、『South China Morning Post』などの海外メディアが伝えた。



 

■アパートで火災が発生

中国・安徽省の村で3人の子を育てていた夫婦が、2018年により報酬の良い仕事を得るため、別の土地に移り住むことを決めた。

子供たちの世話は祖父母に任せ、新たな土地で懸命に働いていたが、3月13日に自宅アパートで火災が発生。気づくのが遅れたせいでドアからは脱出できず、夫婦はベランダに避難しレスキュー隊を待った。

だが炎の勢いは猛烈で、夫婦そろって全身に大やけどを負うはめに。死の危険にさらされながら、夫はどうにかして妻を守ろうと考えた。


関連記事:結婚から6年で「私、同性愛者なの」 妻の衝撃告白を受け入れた夫が話題に

 

■「夫を助けて」と求めた妻

夫はやけどを負いながらも、炎から少しでも離そうと妻をバルコニーの外側に立たせ、内側から両腕を伸ばして妻をしっかりと支えた。

しばらくして到着したレスキュー隊に、妻は「どうか先に夫を助けてください、お願いします」と懇願。レスキュー隊はただちに夫婦を救い出し病院に搬送したが、夫は体表面積の98パーセントにやけどを負っていた。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■夫の最期と妻の状態
夫婦アパート話題火災レスキュー隊やけど翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング