火災から命がけで妻を守った男性 全身に大やけど負い死亡

愛する妻を死なせたくない。その一心で、夫は激痛に耐えた。

2022/04/02 13:30


 

■夫の最期と妻の状態

夫はその後しばらく病院で治療を受けたが回復せず、9日後の午前中に息を引き取った。

妻もやけどがひどく、まだ話すことすらままならない状態だ。ただ意識だけはしっかりしておりうなずくこともできるが、最愛の夫の死については今も聞かされていない。


関連記事:妻にガソリン浴びせられた夫が焼死 口論の延長で「やってみろ」と煽られ…

 

■家族の願い

妻の姉はメディアの取材に応じ、夫婦について「とても幸せなカップルでした」「残念な結果になりましたが、妹が彼の愛に支えられ幸せになることを願っています」と話した。

なお夫婦は複数の家族と同じアパートで生活していたが、火が出たのは夫婦の部屋だけだったようだ。火災が発生した原因については不明だが、他にけが人や死者は出なかったと伝えられた。

・合わせて読みたい→「苦しむ姿を見たくない」 白血病で余命わずかの妻を夫が殺害し自殺未遂

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

夫婦アパート話題火災レスキュー隊やけど翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング