10年前に連れ去られたチワワと涙の再会 「マイクロチップのおかげ」と飼い主

連れ去られた犬は、遠方に売り飛ばされている可能性も。発見にはかなりの時間を要するだろう。

2022/04/02 20:00

チワワ

英国ケント州のベッケンハムで2012年、1匹のチワワが飼い主の少女から無理やり引き離され、連れ去られてしまった。だが10年もたったこのほど、ついに再会がかなったそうだ。『My London』『Chester Standard』などが、嬉しいニュースを報じている。



 

■リードを切られ連れ去られる

チワワの本当の飼い主は、テイ・ベネットさんという現在22歳の女性。2012年8月、テイさんがある公園で当時2歳だった愛犬オリーを散歩させていると、男が近づいてきてオリーを抱き上げ、リードを素早くハサミで切り、車に乗せて去って行った。

テイさんはなす術もなく立ち尽くし、その後は恐怖と悲しみとで毎日泣いて暮らしていたという。


関連記事:ノンスタ井上、脚が不自由な愛犬について相談 「温かい人柄が垣間見える」

 

■行方不明のポスターも虚しく…

家族はオリーが行方不明であることを知らせるポスターを2度にわたり制作し、見つけてくれた人には報酬も準備した。だが情報は全く得られず、落ち込むテイさんのために、親はダックスフントを新たに購入。チリと名付けられた。

連れ去られたということは、新しい飼い主がいるということ。事故にあったと心配する必要だけはないと考え、テイさんはやっと前を向くようになった。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■自宅から36km離れた町で
話題誘拐飼い主リード繁殖獣医チワワ翻訳記事マイクロチップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング