隣人に「口臭がヤバい」と暴言 郵便受けに歯磨き粉を入れた男に接近禁止命令

嫌がらせと屈辱を連発し続けた男が話題に…。

2022/04/03 06:30

歯磨き粉

隣りの家で暮らす男が、ハラスメント行為を繰り返す人間だとしたら…。ある男性が長いあいだ耐えた行為の数々、また隣人に下された判決などについて、『Metro』などイギリスのメディアが伝えている。



 

■駐車スペースをめぐり激突

2019年のこと、イギリスのチェシャーで暮らすコリン・ジョーンズさんの自宅のそばに、ひとりの男(37)が移り住んだ。

しかしその直後、駐車スペースをめぐってジョーンズさんは新たな隣人と激突。その後も仲は良くならず、ジョーンズさんはたびたび隣人から嫌がらせを受けるようになった。

ある時は「口がくさい」と面と向かって侮辱され、その翌日には郵便受けに複数の品を入れられたとのこと。それは歯磨き粉と歯ブラシで、ジョーンズさんの心は深く傷ついた。


関連記事:DV癖のある元夫が車内でガソリンをまき着火 女性と子供らが死亡する大惨事に

 

■長く続いた嫌がらせ

ゴミを出しても回収前にゴミ箱を勝手に移動する、石や枯れ葉を車の前に山積みにして移動を困難にする、わざと夜遅くに洗濯機を回して騒音を出すなど、隣人は悪質な行為を連発した。

それらが2019年10月から2021年の4月まで続いたため、ジョーンズさんは悩み、精神的につらい日々を過ごすはめになった。

次ページ
■通報を機に急展開

離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本【Amazonでチェック】

口臭ハラスメント賠償金罰金話題隣人トラブル接近禁止命令翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング