犯罪被害者が通報し「ピザ」を注文 オペレーターの機転で容疑者逮捕に成功

オペレーターがピンチに気づかなければ、最悪な結果になっていた可能性も…。

2022/04/10 05:30

コールセンター・信サービスと緊急通報

危険な状況に陥り困っていても、近くに犯人がおり通報が困難な場合がある。しかしある女性が思い切って警察に電話をかけたこと、またオペレーターが機転を利かせ女性を救っていたことを、『Daily Mail』などイギリスのメディアが伝えている。



 

■通報した女性

イギリス・ヨーク出身の女性がある男とバスで移動中に、警察に通報。「ピザを注文したいのですが」と話し、緊急通報用電話のオペレーターを驚かせた。

オペレーターは、戸惑いながらも「いたずら電話ではない可能性がある」と察し、女性が救いを求めているかもしれないと考え、真相を確かめようとした。


関連記事:息子が7回通報も救急車は1時間待ち 「息できない」と絶叫した母親が死亡

 

■うまく情報を集め捜査開始

オペレーターが「困っておられるのですか」と質問したところ、女性は「はい」と返答。それを聞いたオペレーターは「Yes」と「No」だけで答えることができる質問を連発し、その答えから女性の置かれた状況を把握しようと試みた。

その結果、女性が連れの男を恐れていると判明。警察はすぐさまトラッキングデータを確認し、ふたりの居場所を突き止める作業を進めた。

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 (宝島社文庫)【Amazonでチェック】

次ページ
■容疑者の身柄を確保
警察ピザ話題通報オペレーターいたずら電話翻訳記事トラッキングデータ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング