TSUTAYAで借りたDVD、ラベルに予想外の「4文字」が… 全コロニーに衝撃走る

レンタルショップで借りた『ガンダム』のDVDだが、記されていた名前に衝撃を受けたユーザーが続出しているようで…。

40年以上に渡って多くのファンから愛され続けている『機動戦士ガンダム』シリーズ。作品ごとに特徴や魅力が大きく異なるため「どの作品が一番好きか」を決めるのは、なかなかの苦行である。

以前ツイッター上では、そんな『ガンダム』をめぐる「衝撃的な読み仮名」が話題となっていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】これは思わず二度見する


画像をもっと見る

 

■このガンダム、何かおかしくない?

注目を集めていたのは、ツイッターユーザー・きるしゅっ! さんが投稿した一件のツイート。こちらの投稿にはレンタルショップにて借りてきたものと思しきDVDの写真が添えられ、作品名は「機動武闘伝Gガンダム」となっている。

Gガンダム

これだけなら、なんの変哲もない光景のはずなのだが…商品名をよく見ると、そこには「G(グレート)ガンダム」という衝撃の読み仮名が振られていたのだ。


関連記事:転売ヤーの新たな標的、唯一の入手経路が酷すぎる… 子を持つ親は「許せない」

 

■そもそも『Gガンダム』とは

『ガンダム』シリーズを履修していない人のために補足させてもらうと、「Gガン」の呼び名でお馴染みのアニメ『機動武闘伝Gガンダム』の読み方は「きどうぶとうでんジーガンダム」で間違いない。

ゴッドガンダム

…のだが、こちらの「Gガンダム」とは作中主人公のドモン・カッシュが搭乗するロボット(モビルファイター)の「ゴッドガンダム」を指しているという見解が一般的。

且つ、作中には「グレートガンダム」なる機体は登場しないため、突然現れた振り仮名に、きるしゅっ! さんは衝撃を受けてしまったのだ。

Gガンダム

「なんなんだよグレートガンダムって…」とつづられ、全『ガンダム』ファンの気持ちを代弁したかの如き件のツイートは1,000件近くものRTを記録しており、他のユーザーからは「その略称ちゃうねん」「めちゃくちゃ強そうじゃん」「グゥレイトォ!」といった反響の声が寄せられている。

また、特撮作品『ウルトラマンG』が「ウルトラマングレート」と読むことから「同作と混同しているのでは」という指摘も見られた。今回注目を集めた『Gガンダム』の「G」については、以前より『ガンダム』ガチ勢の間で論争が起こっていたのをご存知だろうか…。

『Gガン』ならこちらが好き、という人も【Amazon】

次ページ
■DVDに収録されていたのは…
ガンダムツイッターDVD話題TSUTAYA機動武闘伝Gガンダム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング