インフルエンサーが同棲中の彼氏を刺殺 別れ話のもつれで「正当防衛」と証言も

セクシーインフルエンサーが彼氏を刺殺。殺意は本当になかったのか、犠牲者の遺族側は正当防衛の主張に猛反発している。

2022/04/12 20:00


 

 

■正当防衛を主張

クリスチャンさんは救急搬送先の病院で死亡が確認され、コートニーは「喉をつかまれ、命の危険を感じた」として正当防衛を強く主張した。

だが、カップルはその1週間前に別れ話でもめ、激しい喧嘩の様子が近隣住民に通報されるなど、事件は突発的に起きたとは考えられなかった。クリスチャンさんの遺族は正当防衛の主張に猛反発しており、マイアミ警察がそのあたりを詳しく調べている。


関連記事:デート相手を誘拐し男友達と一緒に拷問 身代金要求の22歳女を起訴

 

■「彼女は前から乱暴だった」

ふたりの共通の知り合いだというアシュリー・ボーンさんは、地元メディア『Local10 News』の取材に、「コートニーが過去にクリスチャンさんに暴力をふるう現場を見たことがあります。でも彼が暴力をふるう姿は1度も見たことがありません」と証言している。

同じくジョシュ・ラムゼイさんも、『CBS Miami』の取材に「クリスチャンは明るい頭のよい男。一緒にいると皆が笑顔になる」と語っている。事件後のコートニーは自殺企図のリスクがあると判断され、精神科に入院しているという。

獄に消えた狂気 滋賀・長浜「2園児」刺殺事件【Amazonでチェック】

次ページ
■セクシーモデルと殺害された恋人
Instagram話題刺殺通報インフルエンサー殺意正当防衛マイアミ翻訳記事OnlyFansコンドミニアムセクシーモデル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング