加藤浩次、タイピングが遅すぎるあまり起きた“悲劇” 「放送事故」の声も

加藤浩次が、生放送で慣れない手つきでタイピングをするも…。

2022/04/12 13:45

極楽とんぼ・加藤浩次

12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、お笑いタレント・加藤浩次が出演。生放送中に慣れないタイピングに挑戦した結果、思いもよらない展開が注目を集めた。



 

■加藤がAIで文章作成

この日の番組冒頭では、最近話題の「6秒で文章が作れるAI」について特集。このサービスは、いくつかキーワードを入力すると、ニュース記事風の文章をAIが作成してくれるというものだ。

スタジオでは、加藤が実際に挑戦してみることに。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、生放送中に寝落ち? 「本当に寝てるのかと…」の声も

 

■慣れない手つきでタイピング

加藤はパソコンの前に立ち、慣れない手つきでタイピング。「キャンベルさん」「ヒロミさん」「喧嘩」とキーワードを入力し、いざ文章を作成しようとするも利用規約がでてきてしまい、手間取ってしまう。

これに急遽、スタッフのヘルプが入るものの、再度キーワードを入力しなおす事態に。

一流の理由【Amazonでチェック】

次ページ
■まさかの悲劇
テレビAI加藤浩次放送事故スッキリダイビング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング