災害に備え「メガネユーザー」がまずやるべきこと 警視庁の呼びかけに反響

警視庁警備部災害対策課が公式ツイッターを更新。メガネユーザーが就寝前にやっておくべきこととは…。

2022/04/13 13:15

メガネ

全国で震度4以上の地震が多発しているここ最近。そうした中、13日に警視庁警備部災害対策課が紹介した「災害時のメガネユーザーの備え」に関するツイートが、ネット上に反響を呼んでいる。

【ツイート】コンタクトレンズ使用時もメガネの携帯を



 

■ハードケースに入れて枕元に

先月16日に起きた、福島県沖を震源とする最大震度6強のそれを皮切りに、全国で頻繁に観測されている地震。各メディアが「災害への備えを」と訴える中、同課はメガネをかけている人が気をつけるべき点を挙げた。

それは、寝ている際に災害が起こった場合、メガネが下敷きになり、破損してしまう恐れがあるというもの。そのため、同課の職員は、メガネをハードケースに入れ、枕元に置いているようだ。

また、コンタクトレンズを使用する際にも必ずメガネを携帯し、自宅の非常用持出袋と、職場にも備えていると話す。災害時の「盲点」として、この2点を紹介していた。


関連記事:足立梨花、トラブル続きの打ち合わせを報告 ファンは「それも魅力の1つ」

 

■「備えあれば憂いなし」

以前には、台風接近時の窓ガラスの飛散防止法や、災害時の「液体ハミガキ」の有用性についても訴えている同課。それだけにネット上には、「いつも適切なアドバイスありがとうございます」「備えあれば憂いなし。助かります」と感謝の声が。

今回のメガネの扱いについては「たしかに。大事ですね…」といった声とともに、「新しくメガネを替えたら、古いのは取っておいたほうがいい」「メガネケースに蓄光シールを貼ると、暗いところでも分かるからオススメ」と助言する声も見られた。

次ページ
■災害時の備えをしている?

地震対策30点避難セット【Amazon】

コンタクトレンズ災害ツイッター対策メガネ地震警視庁警視庁警備部災害対策課
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング