遠方転勤でうつ病発症の男性が自殺 上司は「戻りたければ妻を一晩貸せ」

男性は3年以上前から、職場で上司2名にいじめられていた。

2022/04/17 05:00

上司・部下・職場・パワハラ

転居するほどの距離ではないが、通勤にかなりの時間を要する土地への転勤が決まったインドの男性。彼はみるみる体調を崩し、上司の言葉がきっかけで、このほど自ら命を絶ってしまった。ある夫婦の悲劇的な話題を、『ZEE NEWS』『Presswire18』などが報じている。



 

■ 3年前から職場に嫌な上司

ウッタルプラデーシュ州のラキンプールで今月9日の夜、電力会社に勤務していたゴークル・プラサドさんという45歳の男性が焼身自殺を図り、死亡した。

事件性を調べていた警察に対し、妻のラジクマリさんは「3年以上前から『職場に嫌な上司が2人いる』という話を聞いていました」と話したという。


関連記事:ずっとテレワークでいいのに… 会社に出勤するのが嫌だと思う理由

 

■連日150kmの距離を往復

ゴークルさんは数週間前、パキスタンとの国境にも近いウッタルプラデーシュ州のバムナガールから、南西に150キロほど離れたアルガンジにある変電所への転勤を命じられた。

転居するほどの距離ではないと言われ通勤することになったが、未明に自宅を出て深夜に戻るような生活は大変で、やがてゴークルさんは体調を崩し、うつ病を発症した。

次ページ
■驚きの交換条件

パワハラ問題―アウトの基準から対策まで―(新潮新書)【Amazonでチェック】

上司職場インド通勤慰謝料自殺話題嫌がらせうつ病転勤電力会社翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング