息子の16歳誕生日にコンドームを贈った母親 「そろそろかなと思って」に賛否両論

子供は恥ずかしがるかもしれないが、早いうちから正しい知識を持たせることは大切だ。

2022/04/21 10:00

プレゼント

親ならば、いずれ悩むであろう子供への「性」の教育。親はどこまで教えておくべきか、学校ではどの程度教えてくれるのだろうと疑問に思いつつ、何かあってからでは遅いという不安も…。

このたび、ある母親が息子の誕生日に贈った物が、世間に賛否両論を巻き起こしていることを、イギリスの『Mirror』や『The Sun』が報じている。



 

■誕生日にコンドームを

「jadamson98」のアカウント名でこのたびTikTokに動画を投稿したのは、イギリス・サウサンプトンに住むジャニーン・アダムソンさん(33)。息子が16歳の誕生日を迎えるにあたり、「男の子にとって、大切なあるものを用意した」という。

動画に映っているのは、コンドーム3箱とローション2種類、そしてウェットティッシュだった。


関連記事:「3歳娘とファストフードを週3回食べる」 外食推奨の母親に賛否両論

 

■安全を第一に

イギリスは、自分で性行為への同意を判断できるとみなされる年齢、いわゆる性交同意年齢が16歳に設定されている。ジャニーンさん自身も17歳で息子を出産していた。

そのため「息子もいよいよ16歳に。そのうち初めての性行為を経験するのでは」「そのときには必ず安全を第一に考え、女の子の体を大事にしてあげてほしい」とジャニーンさんは話している。

次ページ
■世間から賛否両論

おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方 (コミックエッセイ) 【Amazonでチェック】

母親誕生日コンドーム息子話題性教育性行為性犯罪ローションTikTokウェットティッシュ翻訳記事性的同意年齢
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング