ローソン店頭に掲出された張り紙 「意味が分かるようで分からない」と話題に

ローソンの店頭に掲出された張り紙が話題。その意味を広報部に聞いてみると…。

2022/04/21 04:00


 

■フライデーの意味

今回の投稿は、わずか数日で10万件を超えるいいねを獲得。張り紙を見た時の心境をちぇべっきーさんに聞いてみると、「『なんだこれ、当たり前だろw』と思いながら通り過ぎた後に、『あっ、違う! そういうことか』と気が付いた感じですね」と説明してくれた。

通勤ルートに同店があるというちぇべっきーさんだが、「毎週金曜日はフライデー」の張り紙を見たのは初めてで、詳しいことはよく分からないという。


関連記事:渋谷に出現した謎の教会、入口の「5文字」に目を疑う… 迷える子羊も思わずニッコリ

 

■広報部に話を聞いてみると

その謎を解き明かすため…ローソン広報部に問い合わせてみると、「『フライデー』については、以前より各地のローソンで地域毎や店舗毎に取り組みを行っていたので、このようにご注目いただけるとは…」と驚いた様子。

詳細については、「店内のフライヤーで揚げた唐揚げやアジフライ等の商品をご飯のおかずやおつまみとして、多くの方に召し上がっていただきたいと考え、覚えやすいネーミングにして普段よりも品物を増やして販売しております」と説明してくれた。

張り紙が投稿された多摩地域(八王子市、府中市、立川市、福生市、あきる野市、武蔵村山市、町田市)の店舗で実施されている「フライデー」は、セールではなくメニュー数を増やして揚げ物を提供。今後は値引きを行う可能性もあるというので、毎週金曜日にチェックしてみると良いことがあるかも…。

・合わせて読みたい→このローソン、どうやって入ればいいんだ… ギネス級に「薄すぎる」コンビニが話題

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

ローソンが面白い訳【Amazon】

ローソンコンビニ張り紙フライデー金曜日
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング