ひろゆき氏、インドの自衛隊機受け入れ拒否にチクリ 「現地で買えばいいだけ」

自衛隊機でウクライナに支援物資を輸送する計画について、私見を述べたひろゆき氏。ユーザーからも様々な意見が。

2022/04/21 19:00

西村博之・ひろゆき

匿名掲示板・2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)の開設者で実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏が21日、公式ツイッターを更新。ウクライナ支援のための政府の自衛隊機の派遣について、人道支援物資の積み込み先のインドから受け入れを拒否されたことを受け、私見を述べた。



 

■輸送は遅れる見込み

今回の輸送は、国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が、インドとアラブ首長国連邦に備蓄している毛布などの支援物資を、航空自衛隊のC2輸送機などでウクライナの隣国であるポーランドとルーマニアに運ぶ計画となっていた。

しかし20日夜、インド側が自衛隊機の受け入れ拒否を通告。政府はあす22日に予定していた閣議決定を見送り、計画も見直すため、物資の輸送は遅れる見込みとなっている。


関連記事:「ウクライナ募金」には何割が参加した? 男性より女性に高い関心ある傾向

 

■毛布は「普通に売ってます」

ひろゆき氏は、受け入れ拒否を伝えるニュースを引用すると「毛布はポーランドやルーマニアの商店で普通に売ってます。本当に、毛布を届けたいのであれば、現地にお金を送って、現地で買えばいいだけです」と指摘。

ひろゆき流 ずるい問題解決の技術【Amazonでチェック】

次ページ
■政府の対応をバッサリ
インドツイッター航空自衛隊西村博之ひろゆきウクライナ国連難民高等弁務官事務所PKO協力法
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング