21歳でギネス世界記録認定の長寿チワワ 飼い主が語る「健康で長生きするコツ」

栄養を強化した餌やおやつなど、何か特別なものを与えているのだろうか。

2022/04/23 09:30

チワワ

チワワの平均寿命は、15歳前後といわれている。ところがアメリカ・フロリダ州には、21歳という大変長寿なオスのチワワがいるそうだ。『NBC Miami』『NEW YORK POST』などが報じ、注目を集めている。

【動画】長寿のチワワ「トビー・キース」を愛しそうに抱く飼い主の女性



 

■『ギネス世界記録』も認定

話題のチワワは、フロリダ州のグリーンエイカーズという町に暮らすジセラ・ショアさんの愛犬トビー・キース。今年1月9日に21歳の誕生日を迎え、3月16日の21歳66日目に、現存する世界一の長寿犬として『ギネス世界記録』に認定された。

それまで犬の長寿世界最高記録は、オーストラリア・ヴィクトリア州で暮らしていたオーストラリアン・キャトルドッグのブルーイーで、1939年11月に29歳5ヶ月で天に召された。トビーがその記録を超えられるか、注目が集まりそうだ。


関連記事:10年前に連れ去られたチワワと涙の再会 「マイクロチップのおかげ」と飼い主

 

■生後数ヶ月で譲り受ける

飼い主のジセラさんは、生後数ヶ月で動物保護団体の「ペギー・アダムス・アニマル・レスキュー」に持ち込まれたトビーの里親になり、自宅ではいつも一緒に過ごしているという。

ジセラさんはもともと同団体で20年にわたりボランティアとして活動しており、150匹以上の保護犬の世話にあたってきたなか、「子犬が誕生したがどうしても育てられない」という高齢者から譲り受けたそうだ。

長寿犬への道 43の心得【Amazonでチェック】

次ページ
■特別なことは何もしていない
話題散歩長寿フロリダ州動物保護団体チワワギネス世界記録翻訳記事七面鳥トビー・キース
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング