「精子提供ツアー」で55人の父親になる男性 すべての親とグループチャットで連絡中

精子バンクから匿名のドナーの精子をもらうのではなく、精子提供者本人と性交渉をもって妊娠を希望する人もいるという。

2022/04/24 05:00

新生児・赤ちゃん

医療技術の進歩により、妊娠・出産に多様な選択肢がある現代。そんな中、精子を提供するための旅をする男性が話題を集めている。『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■精子提供で46人の父親に

アメリカ・ロサンゼルス州に暮らすカイル・ゴーディーさん(30)は、イギリスやヨーロッパを訪れ、多くの精子希望提供者のドナーとなってきた。

その結果、生まれた子供は現在46人。さらに9人の子供が出産を控えており、無事生まれれば55人の父親となるのだという。


関連記事:13人出産でギネス認定の代理母 実子と気づかず他人に委ねた息子と再会を切望

 

■同性カップルの希望者も

イギリス・ケンブリッジに暮らすキャサリンさん(26)とアリスさん(25)というふたりの女性は婚約中で、2021年8月にカイルさんから精子提供を受けた。

アリスさんにはすでに3歳の息子がいるため、キャサリンさんが精子提供を受け妊娠・出産をすることで、家族として完成させたいと考え決めたのだそうだ。

カイルさんからの精子提供を希望した理由は、「高い妊娠率とカイルさんがドナーとなり生まれた子供たちの美しさ」だという。

次ページ
■性交渉での精子提供も可

精子提供者がみた世界と今後みる世界【Amazonでチェック】

出産妊娠STD性交渉人工授精ドナー精子提供翻訳記事グループチャット性感染症検査証
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング