歯科の研磨ドリルの先が外れて患者の肺に 4日かけロボットカテーテルで除去

「外科的手術は最終手段に」と医師。最新鋭のロボットカテーテルでの除去が採用された。

2022/04/24 19:30


歯医者・ドリル

アメリカ・イリノイ州の男性が最近、歯科医で驚くような経験をした。虫歯を削るための研磨ドリルの先に取り付けられたドリルビット(バーとも)が外れてしまい、スルッと喉の奥に入り込んでしまったのだという。

恐ろしいアクシデントの話題を『WISN-TV』『KFVS-TV』などが伝えている。



 

■突然はずれたドリルピット

驚きの話題を提供したのは、歯科医で 虫歯の治療を受けたというイリノイ州在住のトム・ジョッシさん(60)。歯科医が虫歯を削っていたところ、研磨ドリルの先に取り付けられていた長さ2センチのドリルビットが、カチッと外れてしまったという。

どこに飛んだのか歯科医はあわてて探したが、どうしても見当たらなかったという。


関連記事:令和の漢字ドリル、何かがおかしい… 「昭和世代」を一瞬で動揺させ話題に

 

■CTで判明した肺の異物

トムさんが咳をしていることが気になった歯科医は、喉の奥についてCTを撮ることに。その画像から、肺に細長い異物が入り込んでいることが判明した。

トムさんはただちに、北に位置するウィスコンシン州のオーロラ・メディカルセンターに運ばれ、人工的に眠らされた後、外科医がドリルビットの除去を試みた。最初に検討されたのは、胸を開いての外科的手術だったという。

次ページ
■ダメージの少ない方法を考慮

日本の手術はなぜ世界一なのか 手術支援ロボットが拓く未来 PHP新書【Amazonでチェック】

話題歯科医CT翻訳記事FDA研磨ドリルドリルビットロボットカテーテル異物感イオン肺生検システム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング