いつもと違う…! ほっともっと「弁当」に大変革 ネットで賛否呼ぶ事態に

ほっともっとが弁当箱のリニューアルを発表。機能性を追求した努力の結晶であるが…。

ほっともっと

全国に2,487店舗を展開する持ち帰り弁当チェーン店「ほっともっと」。4月19日、同チェーン運営元・プレナスは弁当容器のリニューアルを明らかにし、順次各店舗に導入していると公表したが、ネットでは「容器変わった?」「見映えよくて好き」「めちゃくちゃチープになってた」と様々な声が飛ぶ事態に…。

【写真】液漏れを防止する新弁当箱のジョイント部分


画像をもっと見る

 

■機能性とエコ面で進化

ほっともっと

弁当容器(おかず容器)のリニューアルを今月発表したプレナス。

コロナ流行後のテイクアウト、デリバリー需要急拡大などを意識し、液漏れしにくく、湿気が他の具材に影響しにくい仕切りを入れたこの新容器は、ネット上をリサーチするとどうも3月中旬ごろから先行して一部店舗に登場したようである。

じつはこの新容器、環境面にも配慮しており、旧容器に比べるとプラスチック使用量は約20%減と大幅減。年間約235トンものプラスチックが削減される見込みだ。


関連記事:4年間忘れられていためんつゆの容器 その中から発見された「とあるもの」が話題に

 

■おおぉぉ全部透明になってる!

ほっともっと

実際に弁当を購入し新容器を確かめることにした。

まず見た目。これまでは受け皿側がマットな黒色、蓋側が透明という組み合わせだったが、新容器は上下とも透明クリアタイプに。容器の厚みが薄くなった印象で、蓋をしていてもおかずがより明るく、色鮮やかに見える構造になっている。

容器の素材は二軸延伸ポリスチレンというもので、「タテ、ヨコ二方向に延伸することによって強度を増し、ガラスのような透明感で食材の彩も引き立ちます」とほっともっと側は説明。同社が行ってきた研究・分析の成果というわけだ。

次ページ
■開けやすさにもこだわりが…

からあげ、肉料理にめっちゃ合う『黒瀬のスパイス瓶』【amazon】

弁当リニューアルテイクアウトデリバリー容器ほっともっと
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング