前園真聖、秀岳館サッカー部の改善を訴え 「暴力で上手くなることはない」

暴力問題で揺れる秀岳館サッカー部に前園真聖が「暴力で上手くなることは絶対にない」「環境そのものを変えていかないと」など話し、改善を促した。

2022/04/29 00:00

前園真聖

28日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、前園真聖が秀岳館高校サッカー部の暴行事件について持論を展開した。



 

■部員の暴力も発覚

30代の男性コーチが部員に暴力をふるい書類送検された秀岳館サッカー部で、新たに部員による暴行事件が発覚したニュースを取り上げた28日の放送。

番組によると暴行を受けたのは県外からスポーツ入学が決まっていた当時中学3年生の生徒で、2年生部員に暴力をふるわれ、保護者が被害届を提出し、警察が調査を行ったのだという。

中学3年の生徒は入学前に辞退したため、別の高校に進学できていないと紹介された。


関連記事:秀岳館サッカー部暴行騒動 被害生徒が謝罪する姿にネット上で「ふざけるな」の声

 

■前園が持論展開

コメントを求められた前園は「ちょっと残念なニュースですね。テレビで映像を見ましたけれども、ちょっとあまり見ていられないような内容でしたけれども」と語る。

続けて「自分も高校のときにすごく厳しかったんですよ。それは先輩方もそうですし、監督やコーチも厳しかったんですけど。暴力でサッカーが上手くなることは、もう絶対にないので。あとサッカーを好きになることもないし」と指摘した。

次ページ
■「環境そのものを変えて」

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

監督高校バラいろダンディ暴行サッカー部前園真聖金村義明
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング