伝説の沖縄そば店の味を引き継ぐ名店・首里そば 手打ち麺のコシが絶品すぎる

向田邦子がエッセイに残した「さくら屋」の手打ち麺の技を引き継いだ唯一の店だという。

2022/05/01 20:00

1981年、台湾での飛行機事故により51歳で亡くなったエッセイスト・脚本家の向田邦子。彼女がエッセイ『沖縄胃袋旅行』の中で触れていた伝説的な沖縄そば店がある。

那覇市首里にあったというその店の名は、さくら屋。向田は、その麺が「手打ち」であったことなどにも触れているが、さくら屋は1993年に惜しまれつつ閉店した。


画像をもっと見る

 

■「伝説」を受け継ぐ店

首里そば

そのさくら屋のそば打ち技術を「唯一継承した」と公式サイトでうたっているのが、伝説の店と同じ首里に店を構える首里そばだ。坂が多い首里の街なか、ゆいレール首里駅と世界遺産・首里城の間に位置している。

今でも手打ちしている麺の仕込みは朝4時から開始し、手間ひまをかけているという。


関連記事:“そば刺身”をつまみに出す蕎麦屋 投稿者は「風味とコシをより強く楽しめる」

 

■そばは1種類のみ

首里そば・沖縄そば

沖縄そばのメニューは、1種類だけでサイズが違うのみ。首里そばの大(600円)と中(500円)と小(400円)だ。具は、よく煮込まれて程よく脂が抜け、こっくりした味わいの三枚肉と赤肉(ロース)。豚肉は県産にこだわっている。

白かまぼこに万能ねぎ、また生姜は沖縄そばで一般的な紅しょうがではなく、こちらも手間をかけた針しょうがだ。

次ページ
■麺の歯ごたえとだしのうま味

与那覇製麺のソーキそば5食入【Amazonでチェック】

沖縄沖縄そば那覇世界遺産首里城脚本家エッセイスト首里そばさくら屋向田邦子じゅうしぃ三枚肉ゆいレール首里駅
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング