無性愛者の女性が親友の精子で双子妊娠 提供者の妻が事実を知り大騒動に

女性は一人で子育てを希望していたが、精子提供者の妻が権利を要求したことでバトルに発展した。

2022/05/01 05:15

双子・赤ちゃん

子供を妊娠・出産するのに、さまざまな選択肢がある現代。ある女性が自分の性的嗜好ゆえに一人で子供を育てようと決意し、親友の精子提供を受けたことで、思わぬ大騒動に発展した。『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■無性愛者の女性

ある女性(30)は、他者に性的な魅力を感じることがない無性愛者として生きてきた。そのため、自分には子供を持つという選択肢はないと考えてきたのだという。

しかし現在の自分は、子供を持つことができるだけの安定した生活ができていると考え、一人で子供を産み育てることを決意したそうだ。


関連記事:「精子提供ツアー」で55人の父親になる男性 すべての親とグループチャットで連絡中

 

■親友男性に精子提供を依頼

このことを高校時代からの異性の友人に話したところ、精子提供をもちかけただけでなく、子供の人生に干渉しないでほしいという女性の条件を快諾した。

そうして女性は親友の精子提供を受け、人工授精により双子の女児を妊娠。現在は33週だという。

次ページ
■親友とその妻と大げんか

精子提供―父親を知らない子どもたち―【Amazonでチェック】

reddit人工授精精子提供翻訳記事無性愛者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング