12歳息子がゲーム禁止令で逆ギレ「1年間口をきかない」 母親の嘆きに反響多数

ゲームやYouTubeが大好きな子供たちに頭を抱えるのは、現代人の親「あるある」か…。育児に励む親世代から反響が寄せられた。

2022/05/01 14:30

PS5・ゲーム

古今東西問わず、ゲームが大好きな現代っ子たち。それに伴い、視力低下の問題もますます低年齢化しているという。このたびツイッターに「ゲームが原因で息子と口論しました」と書き込んだ1人の女性。その嘆きが共感を呼んでいることをイギリスの『Mirror』が報じた。



 

■息子がシューティング・ゲームを

ゲームが大好きな12歳の息子を持つというその女性。彼女は日ごろから、息子がゲームばかりしていることに頭を抱えていた。

ツイッターの書き込みによると、彼女はある日、息子が『グランド・セフト・オート』や『コール・オブ・デューティ』というシューティング・ゲームに夢中になっていることに気が付いたそう。


関連記事:4歳児が父親の携帯でウーバーイーツ13万円分利用 「誕生日ケーキ注文したよ」

 

■対象は18歳以上

街中でいきなり通行人を殺害したり、車両を盗んで走り回ったりする、無差別殺人や戦争的な要素が含まれているこれらのゲーム。そのため、対象年齢は18歳以上に制限されている。

そこで女性は息子にきつく注意をした。すると息子は「学校の友達だってやっている。なぜ僕だけダメなんだ!」と怒り出し、口論に発展してしまったという。

次ページ
■ついに「ゲーム禁止令」を

ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け【Amazonでチェック】

ゲーム母親ツイッター子育てスマートフォンタブレット息子話題翻訳記事グランド・セフト・オートシューティング・ゲームコール・オブ・デューティ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング