妊娠中の妻の頭をハンマーで撲殺した夫 浮気相手と一緒になりたい一心で…

浮気相手に「妻に流産してほしいと思っている」とメッセージを送っていた夫が、卑劣な犯行に及んだ。

2022/05/08 06:00

DV・暴力・家庭内暴力

アメリカ・ミズーリ州で2019年の秋に起きた、夫が妊娠中の妻をハンマーで殴り殺した事件。注目を集めたその事件の裁判がこのほど開かれたことを、『Fox News』『NEW YORK POST』、そしてイギリスの『Daily Mail』などが報じた。



 

■浮気を強く責められて…

事件は2019年11月、ミズーリ州のクリーヴコアという町で発生した。妊娠6週目だったジェニファー・ロスウェルさん(当時28歳)が、2015年に結婚した夫のボー被告(31)の浮気に気づいたことが発端だった。

被告が、別の女性に「妻と早く別れたい」などとメッセージを送っていたことを知ってジェニファーさんが激怒し、大げんかになったという。


関連記事:SNSストーキングで元夫の恋人を知った女 腹いせに子供5人殺害し終身刑に

 

■ハンマーで撲殺

すでに浮気相手に夢中で離婚すら考えていたボー被告は、木製のハンマーでジェニファーさんの頭部を殴って殺害。遺体は自宅からかなり離れたところに投棄された。

犯行の数日後に逮捕されたボー被告は、殺人、証拠隠滅および死体遺棄などの罪に問われていたが、このほど裁判が開かれ、陪審員は有罪の評決を下した。量刑は7月上旬に告げられる予定だという。

次ページ
■犯行後の卑劣な行動

DVはなおせる!【Amazonでチェック】

結婚浮気話題死体遺棄殺人事件ハンマー流産撲殺証拠隠滅翻訳記事漂白剤捜索願
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング