20代男性が飛び降り自殺を図るも… 恋心を患った青年たちの行き過ぎた行動

失恋のショックで高さ40mの橋から飛び降り自殺を図った男性。ほかにも、真剣に話を聞いてくれない彼女に苛立った男性が…。

2022/05/11 17:30

橋・飛び降り・自殺

ある女性へのかなわぬ恋に身を焦がしていた、インドの1人の男性。一途な恋が破れたとわかった途端に彼は生きる望みを失い、死を選んでしまったが、その後の顛末について『Times Now News』などが報じている。



 

■高い橋からガンジス川へ

インドの母なる川、ガンジス川が悠々と流れるビハール州の州都パトナ市。そこに1982年に建設されたマハトマ・ガンジー・セツ(Mahatma Gandhi Setu)という橋で、このほど25歳の男性が飛び降り自殺を図った。

橋は全長5,750メートル、高さはなんと40メートルもあるという。


関連記事:遠方転勤でうつ病発症の男性が自殺 上司は「戻りたければ妻を一晩貸せ」

 

■思いとどまるよう説得

男性は思いつめた表情で橋の手すりを超え、すぐ下の鋼(こう)構造部分へ降りていた。目撃者からの通報で役所や鉄道の職員が現場に駆け付け、思いとどまるよう懸命に説得を続けたという。

一方、ガンジス川ではアユシュさんという男性の漕ぐボートが、あわやの事態に備えて近くから待機していた。

次ページ
■失恋の痛手に耐えられず…

自殺のコスト【Amazonでチェック】

インド失恋自殺話題救助首吊り自殺飛び降り首吊り飛び降り自殺ポート翻訳記事ガンジス川ビハール州マハトマ・ガンジー・セツ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング