高速道路で割り込みされ逆上した女 24キロも追いかけ運転手に攻撃

被害者の母親は「割り込みは偶発的なもので、悪気はなかったようです」と擁護している。

2022/05/13 18:00

車・暴走

信号が青に変わったのに発進が遅い、危険な車線変更や無理な割り込みがあった、こんなことで起きるドライバー同士のトラブル。事故が起きたわけではないが、たまたま虫の居所が悪かったり急いでいたりすると、烈火のごとく激しく怒る人も…。

アメリカ・ジョージア州で恐ろしい事件が起きたことを、地元メディアの『Fox 5 Atlanta』『WSB-TV』などが報じている。



 

■割り込んできた車に激怒

事故は1日の午後4時40分頃、ジョージア州ダグラス郡を横切る州間高速道路I-20号線の、アトランタに向かう東方面の路線で発生した。

アシュリン・クラウチさんという17歳の少女が運転する車に割り込みをされ、ブリトニー・アリッサ・グリフィス(30)容疑者は激怒。3人の子供を乗せていたにもかかわらず、驚きの行動に出た。


関連記事:ネットに投稿された悪質な「あおり運転」に衝撃走る 高速道路で急停止し…

 

■銃弾は頭部に命中し貫通

腹を立てたグリフィス容疑者は、クラウチさんの車を執拗に追跡。24キロ走ったところで車が真横に並ぶと運転席の窓を開け、拳銃を発砲した。

銃弾はクラウチさんの右耳の後ろに飛び込み、左目の横から飛び出した。貫通したことで命に別状はないといい、搬送先の病院で適切な治療を受け、幸い視力に影響は出ないだろうという。

次ページ
■子供たちが犯行を目撃

あおり運転 被害者、加害者にならないためのパーフェクトガイド【Amazonでチェック】

ドライバー話題虐待高速道路割り込み拳銃発砲翻訳記事銃器不法所持
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング