医療スタッフ11人が同時期に妊娠し予定日もほぼ一緒 産婦人科に起きたベビーブーム

女性の妊娠・出産が「喜ばしいこと」と言える職場は素晴らしい。

2022/05/17 20:00

妊婦・妊娠

女性には「生理がうつる」という説がある。生理中の友人と会った翌日、予定よりも早く来てしまった…ということが珍しくないのだ。

そんな女性の体にまつわる不思議な現象が、アメリカのある病院でも起こっているという。『Daily Mail』や『abc』など英米のメディアが報じている。



 

■11人中2名は出産予定日も同じ

話題となっているのは、アメリカ・ミズーリ州のリバティー市にあるリバティー病院に勤める産婦人科の女性スタッフたちだ。

なんと10名の看護師と1名の医師が妊娠しており、出産予定日についても、そのうちの2名が同じ日だという。


関連記事:てんかん持ちの3児の母が授乳中に発作 下敷きになった息子とともに死亡

 

■喜ばしいベビーブーム

産婦人科の医師で、現在2人目の子を妊娠中のアンナ・ゴーマンさんは「ここで今、すごいベビーブームが起きています」「一つの職場で同時期にこれだけの数のスタッフが妊娠するなんて、本当に珍しい。とても喜ばしいことです」とメディアに話す。

また、助産師の責任者であるニキ・コーリングさんは、「スタッフは常にグループで仕事をしますが、まさか妊娠のタイミングがここまでかぶるとは驚きです。すごく楽しみです!」と喜びを語った。

次ページ
■「一生の絆を感じる」

妊娠の新しい教科書 (文春新書) 【Amazonでチェック】

出産看護師妊娠小学校医師教師生理産婦人科出産予定日翻訳記事医療スタッフ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング