高須院長、西原理恵子氏に骨格標本プレゼント 「骨まで愛してほしいのよ」

事実婚のパートナー・西原理恵子氏へのプレゼントの意図を明かした高須克弥院長。「愛し愛され羨ましい」の声も。

2022/05/17 14:00


高須克弥・西原理恵子

高須クリニックの高須克弥院長が17日、公式ツイッターを更新。パートナーで漫画家の西原理恵子氏に贈ったプレゼントの意図について明かした。

【画像】高須院長が贈った標本


 


 

■「なんでこんなもの…」とポツリ

長く事実婚関係にある高須院長と西原氏。SNSでも、たびたび一緒に食事をしたり、相撲を観戦したりする様子を紹介し、仲の良さを伺わせている。

西原氏は16日夜に更新したツイッターで、「なんでこんなもの贈ってくるんだろう。自分の骨格標本」とポツリ。添えられた写真は、どうやら高須院長本人をかたどった標本のようだ。


関連記事:高須院長、西原理恵子氏とピカピカ衣装&マスクで大相撲観戦 SNSザワつく

 

 

■プレゼントの意図は…

高須院長は17日、前夜の西原氏の投稿に反応。ツイートを引用しつつ、「骨まで愛してほしいのよ」と西原氏に標本を贈った意図を明かした。

ちなみにこのフレーズは、1966年に発売されてミリオンヒットを記録した、歌手の故・城卓矢さんのシングル曲「骨まで愛して」の歌詞のサビとしても知られている。

高須 克弥『その健康法では「早死に」する!』【Amazonでチェック】

次ページ
■「愛がすごい」の声
ツイッタープレゼント事実婚高須克弥西原理恵子高須クリニック骨格標本骨まで愛して城卓矢
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ