郵便配達員が飼い犬を思い切りキック 住人からの苦情でトラブル発覚

怖くてつい…? 郵便配達員は「噛まれた」と話している。

郵便配達員

仕事でいくつもの家を回る郵便配達員だが、中には動物が苦手で困っている人もいるに違いない。

ある郵便配達員が配達先で犬に驚き思わず蹴ってしまったこと、またそのせいで痛烈に批判されたことを、『The Sun』などの海外メディアが伝えている。



 

■興奮し飛び出した犬

イギリスで働く郵便配達員が、荷物を届けるためにある家に向かった。しかしドアが開いた瞬間に犬が飛び出し、配達員に向かって吠えたという。

これに驚いた配達員は「おおお!」と声をあげ、犬を思い切り蹴り上げて遠ざけた。


関連記事:玄関先で戸惑う小さな配達員 その姿が「かわいすぎる」「キュン死」と話題に

 

■配達員の釈明

配達員に思い切り蹴り飛ばされたものの、犬が重傷を負うことはなかったようだ。配達員は「犬に足首を噛まれた」と話しており、反射的に脚が動き蹴り上げてしまったと釈明している。

なおこの家で暮らす10代の娘はショッキングな光景を目の当たりにし、大変な衝撃を受けた。娘の母親もこれに腹を立て、郵便事業を営むロイヤルメールに連絡し、経緯を説明するに至った。

次ページ
■犬も娘もトラウマに

郵便配達員・宅配便ドライバー・トラック運転手・港湾荷役スタッフ (職場体験完全ガイド)【Amazonでチェック】

ペット話題トラウマイギリス翻訳記事郵便配達ロイヤルメール
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング