葬儀の最中に“遺体”が目覚めて絶叫 病院へ搬送されるも最悪の結果に

死んでいたのか、医師の誤診か。こういうケースが何度も報告されている。

2022/05/21 11:30

棺・葬儀

大事な妻の“死”を受け入れ、立派に送り出そうとした夫。しかし衝撃的な出来事があり、妻を二度も見送るはめになっていたことを、『The Sun』が改めて伝えている。



 

■心臓発作を起こし“死亡”

2011年のこと、ロシアで暮らしていた女性(49)が、自宅でいきなり苦しみ始めた。「胸が痛い」と家族に訴えた女性は、そのまま卒倒。病院では「心臓発作を起こした」との診断を受け、そのまま死亡宣告された。

最愛の妻に死なれショックを受けた夫(51)は、立派に見送りお別れを言うため、準備を着々と進めた。


関連記事:“事故死”した男性に異変 検視寸前に家族が「動いた」と気づき大騒動に

 

■目を覚まし絶叫

女性の“遺体”を棺に納め会場に運び終えた夫と関係者たちは、さっそく葬儀を開始。この時ふたは開けたままで、弔問客にも遺体がよく見える状態だった。

夫も女性の死を嘆き最後のお別れをしようとしたが、女性はいきなり目を覚まし絶叫。棺の中にいることを悟り驚いたとみられ、ひどく動揺した様子を見せた。

日本人の葬儀 (角川ソフィア文庫)【Amazonでチェック】

次ページ
■“誤診”に対する怒り
葬儀遺体誤診心臓発作死亡宣告翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング